忍者ブログ

ぴんく

「名」


2014年9月28日の東京新聞に載っていた記事を読んで、そうだったのか・・・と勉強になりました。うちの大好きなおじさん図鑑^^。災害のニュースではこのように報道していますし、聞いている方も当たり前のように聞いています。「死傷者の数が5千人」。どこがおかしいんだ?と思われるかもしれませんが、おじさん図鑑を読むと納得します。数詞、モノを数えるため。例→馬は頭、田は枚、短歌は首などなど。では人間は?。人、または名。なら間違いではないとなります。作家の冲方丁(うぶかたとう)さんがラジオでされたお話。
「人の数え方で一名、二名という<名>は、人の名前のことで、千名というのは千の名前を持つ個々の人々が存在する意味だ」。“5千人”は人間を束でくくって数値化した伝え方。これでは個々の名前が消えてしまっているのだと。名を持った個々の名前が消えてしまっているのだと。名を持った個々人を敬する意味で「○○名」と数えた方が良いのではないか、もっと言えば「○○命」と字を替えてもいいと^^。

悲嘆療法ヒプノ
グリーフセラピー東京
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カテゴリー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア